くっきり二重で目ヂカラをアップ|はれぼったさを無くして魅力UP

ぱっちり瞳になる方法とは

肌に触れる女の人

女性に大人気です

近年、「プチ整形」といった言葉が流行っています。プチ整形とは、体や顔にメスを入れて、大きく人体を変えることではなく、肌をきれいにするために顔にヒアルロン酸を注入したり、鼻筋を通すためにプロテーゼを入れたり、など体や顔の一部分に手を加えて、美を追求する事を指します。その中でも人気なのは「二重」の整形手術です。一重まぶたに悩む女性は多く、そのため二重の整形手術もとても人気を博しています。二重にするには、アイプチなどのメイク用品も売っていますが、手軽に簡単に二重が作れる半面、それらの効果は一時的で、化粧を落とすと同時に二重も崩れてしまいます。また、慢性的にアイプチなどを使用していると、逆に肌がかぶれ、炎症おこし腫れぼったくなってしまう可能性もあります。二重のプチ整形は、一度行ってしまえば半永久的に二重を持続させることが可能であり、それが人気の秘密です。また、最近ではアフターケアや保証も充実している整形外科も多く、万が一感染症を起こした場合や二重が崩れてしまった場合でも、保証期間内であれば再手術をしてくれるところもありますし、無料アフターケアの相談も行っているところもあり、安心できます。このような理由から、二重のプチ整形はとても人気を集めています。

多岐にわたる手術方法

二重にするための方法は、多岐に渡ります。まず、一般的な「切開法」は、二重にしたいラインにメスを入れてラインを作る方法です。皮膚に直接メスを入れるため、術後は腫れ、ダウンタイムを長めにとらなくてはなりませんが、ハッキリとした二重を手にいれることの出来る人気の方法です。また、切開時に余分な脂肪やたるみなども切り落としてしまうため、目が腫れぼったくて悩んでいる人や、加齢によってまぶたが重くたるんできてしまった人にもオススメの方法です。また、「埋没法」と呼ばれる方法もあります。埋没法は、まず二重にしたいラインの両端を決めてそこに沿って、特殊な糸を、皮膚と皮膚の間に埋め込むようにさせていく方法です。これは、メスを使わずに出来る方法なので、とても簡単でダウンタイムも短めなので、奥二重の人や、自然な二重を手に入れたい人にオススメの方法です。また、どちらの方法に関しても重要なことは、ダウンタイムの決まりをしっかりと守ることです。ダウンタイム時に目を強くこすったり、化粧をしてしまったりすると感染症を起こしてしまう危険性もあるため、医師に決められたダウンタイムをきちんと守ることがとても重要です。